おたふくかぜのワクチンで無菌性髄膜炎?…その症状とは!!

(医薬品)登録販売者

アラフォーぱぱとひとり娘の春夏秋冬(カテゴリー登録販売者、お役立ちメモ)
今回は、医薬品による無菌性髄膜炎です。

自己紹介⇒ご訪問ありがとうございます。一児のパパ(40代前半)で法律関係の仕事をしています。娘にとっては「パパよりママに近い存在の」ちょっとへんてこなパパLifeを書き残しています。毎日をちょっとがんばるくらいに。((´∀`*))

このサイトでは、登録販売者の過去問解説をしています。試験科目の中でも受験者があまり得意としない薬事関係法規・制度について詳しく解説して、登録販売者試験の合格を目指す全ての人を応援しています!!

※(医薬品)登録販売者の受験生以外の一般の人への情報提供も目的としています。登録販売者の試験範囲である一般用医薬品はドラッグストア等で売られています。一般用医薬品は、医薬品のうち、その効能及び効果において人体に対する作用が著しくないもので、薬剤師や登録販売者等から提供された情報に基づいて、買う人が選んで使用することを目的としています。ぜひ、自分(家族)のセルフメディケーションのために知識を使って下さい。(^^♪

登録販売者の試験科目は、(第1章)医薬品に共通する特性と基本的な知識、(第2章)人体の働きと医薬品、(第3章)主な医薬品とその作用、(第4章)薬事に関する法規と制度、(第5章)医薬品の適正使用と安全対策です。合格基準は、全体の70%(120問中84問)以上の正解が必要で、かつ、各試験科目ごとに35%以上~40%以上の正解も必要になり、全体で80%(120問中96問)以上の正解をしても、薬事に関する法規と制度で3問しか正解できない場合は、合格通知を受け取ることはできません。

ですが、試験問題は、厚生労働省の「試験問題作成に関する手引き」から出題されますので、ポイントを押さえた学習さえすれば、誰でも得点源にすることができ、かつ、合格も可能な試験です。

現在、50以上の資格を保有する資格マニアですが、登録販売者の試験には、娘が2歳のときの平成29年9月の試験でスキマ時間を利用して一発合格しました。実は、登録販売者を受けようと思ったきっかけは娘なんです。かぜ等で娘を病院に連れて行ったり、一緒にいることも多くて心配ごとが多かったんですよね。そんな誰かの役に立つ資格が登録販売者なんです。

ぜひ、法規を得意科目にして合格の栄冠を勝ち取って下さいね。(^^♪

登録販売者試験合格通知書

(合格通知のコピーで名前等は消しています)

医薬品による無菌性髄膜炎について

医薬品は、十分注意して適正に使用した場合でも、副作用を生じることがあります。一般に、重篤な副作用は発生頻度が低く、多くの患者はもちろん、医薬品の販売等に従事する専門家にとっても遭遇する機会は少ないようです。(^^♪

医薬品による無菌性髄膜炎について

  1. 無菌性髄膜炎とは、髄膜炎のうち、髄液に細菌・真菌が検出されないものをいいます。
  2. 大部分はウイルスが原因と考えられていますが、マイコプラズマ感染症やライム病、医薬品の副作用等によって生じることもあります。
  3. 医薬品の副作用が原因の場合、全身性エリテマトーデス(膠原病の一種で、発熱や全身の倦怠感、頬に赤い発疹、手指の腫れと関節炎、口内炎、光線過敏症等の症状)混合性結合組織病(膠原病の重複症候補の中のひとつの病型で、寒冷刺激や精神的緊張によって起こる手指の蒼白化、手の甲から指にかけての腫れ、多発関節炎、皮膚の硬化等の症状)関節リウマチ等基礎疾患がある人で発症リスクが高いとされています。
  4. 多くの場合、発症は急性で、首筋のつっぱりを伴った激しい頭痛、発熱、吐きけ・嘔吐、意識混濁等の症状が現れます。
  5. これらの症状が現れた場合は、原因と考えられる医薬品の使用を直ちに中止し、医師の診察を受ける必要があります。
  6. 早期に原因医薬品の使用を中止すれば、速やかに回復し、予後は比較的良好であることがほとんどですが、重篤な中枢神経系の後遺症が残った例も報告されています。
  7. 過去に軽度の症状を経験した人の場合、再度、同じ医薬品を使用することにより再発し、急速に症状が進行する場合があります。

厚生労働省「試験問題の作成に関する手引き(平成30年3月)」を参考に解説しています。

もう一歩前へ!!

今回は、医薬品による無菌性髄膜炎について説明しました。(^^♪

厚生労働省では、「重篤副作用総合対策事業」の一環として、関係学会の専門家等の協力を得て、「重篤副作用疾患別対応マニュアル」を作成し、公表しています。

 

【無菌性髄膜炎についてのマニュアル記載項目】

「患者の皆様」患者さんや患者の家族の方に知っておいてほしい副作用の概要、初期症状、早期発見、早期対応のポイントがわかりやすい言葉で書かれています。(^^♪

「医療関係者の皆様」早期発見と早期対応のポイント、副作用の概要、副作用の判別基準(判別方法)、判別が必要な疾患と判別方法、治療法、典型的症例、引用文献・参考資料

詳しくは、こちらの厚生労働省のホームページ(重篤副作用疾患別対応マニュアル)で確認して下さいね。(^^♪

それと、おたふくかぜのワクチンや市販薬(解熱鎮痛薬)でも無菌性髄膜炎が起こることがあります。

発熱(40℃ぐらいの高熱)
頭痛
気分が悪い
吐き気
うなじがこわばり固くなって首を前に曲げにくい
意識が薄れる

次のような症状がみられた場合には、放置せずに、ただちに医療機関を受診しましょう。((´∀`*))

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事があなたの合格のお役に立てれば幸いです。

おかさな(管理人)

210,551 views

一般的な男子より女子力が強い6歳になる女の子のパパです。仕事、子育て、趣味? と本当に大変なシングルライフを応援中。おもにひとり親やこれからひとり親になるか...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

大好きな娘との生活、娘にとっては、パパよりママに近い存在の、ちょっとへんてこなパパLifeを書き残しています。
毎日をちょっとがんばるくらいに。
ABOUT

おすすめ記事